一瞬のスピードとレース場の
テーマパークみたいな
楽しさを、実際に味わって
もらいたい!

命懸けで戦い続ける女性レーサーたちの姿

男女が対等に戦う数少ないプロスポーツでもあるボートレ−スだが、「男性に比べて少ない中でも、女性レーサーの皆さんは堂々とされていて、とてもたくましく見えますよ」とレース場のピットでの様子を教えてくれたのは、ボートレース番組の司会も務める磯山さやかさん。水上に出てしまえば性別は関係ないとはいえ「厳しいボートレーサー養成所で男性に混じって耐えてこられただけでもすごいと思うのですが、ファンの皆さんの期待を背負って、そのプレッシャーにも負けず、毎レースを命懸けで戦う精神的な強さには憧れるところがあります」と敬意を払う。

そして磯山さんらしい目線で教えてくれたことがもうひとつ。レーサーがレースに使用するモーターとボートは抽選によって決まるが、その抽選の際の「ガラポン(福引などに用いられる回転式抽選器)を回すレーサーの皆さんの姿がかわいい! ガッツポーズしたりしてね。中継では少ししか映らないけど、あのかわいらしい姿をもっと見てほしいです」。

首位争いだけじゃない! レースの注目ポイント

たくさんのレースを観戦してきた磯山さんにレースの注目ポイントを伺うと、「第1ターンマークの攻防はもちろんなんだけど……」うーんと楽しそうに悩んでから、「2周目の2着3着争い!」との答えが。1周目で勝負が決まるケースが多いボートレースだが、「2着3着争いは、2周目も激しいです。ベテランレーサーがいればいるほど、その巧妙なレース運びでギリギリまで勝負が決まらなかったり。舟券を3連単で投票している方はレースの最後まで大盛り上がりで、その様子も見ていて楽しいです」。レース場のファンの様子も磯山さんの目にはしっかり映っているようだ。

そんな磯山さんは、茨城県のいばらき大使も務めている。茨城県には残念ながらボートレース場はないが「関東のレース場で茨城グルメフェアはどうでしょう!? 常陸牛の牛串や、夏はメロン!」と、地元とボートレースファンを繋ぐためのアイデアを温存中だ。「レース場は各地特色があります。多彩なイベントや公園施設もあって、行ってみるとまずは遊べるので、足を運んでもらいたいです。そして水面に近いところに立ってもらって、目の前を一瞬でボートが通り過ぎるスピードを体験してほしい。絶対に興奮するから!」。レーサー、ファン、レース場と、磯山さんのボートレース愛に死角はない。

関東エリア 茨城県代表 磯山 さやか

磯山 さやかSAYAKA ISOYAMA

1983年10月23日生まれ、茨城県鉾田市出身。モデル、タレント、女優として活動する傍ら、趣味のスポーツ観戦を活かしてスポーツ番組の司会としても活躍の場を広げている。2006年から茨城県のいばらき大使を務める。

関東エリア 茨城県代表 磯山 さやか

茨城県データ

  • ボートレースチケットショップ

  • 出身レーサー

    10人

※出身レーサーは、2016年10月31日時点