友達を誘ってボートレース場に
行ってみたい。誘い文句の
キーワードは、「イケメン」
「グルメ」そして「楽しい!」

ボートレースのこと、もっともっと知りたいな

「どんどん新しいことを知って、世界を広げていきたいんです」とキラキラ輝く瞳で話してくれたのは“ドキンちゃん”の愛称で知られるドーキンズ英里奈さん。情報番組のキャスターの仕事では「今何が起こっているのかをしっかり自分自身で把握しておきたい。そのためにはしっかりインプットすることがとても大切だと思うんです」。

そんなドーキンズさんは「ボートレースのことも、もっと知りたいです」。地元・岐阜での子供時代、「家族でよくドライブに出かけたんです。愛知県の蒲郡や静岡県の浜名湖など。そんなときに、ボートレース場を通りかかって、なんだかお祭り会場みたいな楽しい雰囲気だな」と感じていたという。「岐阜にはレース場がなくて残念、と思っていたのですが3月にボートレースチケットショップができたのを知って、行くのがとっても楽しみです!」。

最近、仕事で競馬の予想をして見事ビギナーズラックを引き当てたというドーキンズさん。「好きな数字をパッと買って、その数字が目の前を走るから大声で応援していたら熱くなっちゃって。当たるかな、どうかなってドキドキするのがまた楽しくて」と笑いながらこうつぶやいた。「ボートレースの舟券も、早く買ってみたいです!」。

厳しい勝負の世界に生きるレーサーを、応援したい

時間があれば本を読んだり映画を見たりするというドーキンズさん。「アニメも大好きで、ボートレースに関する知識も実はアニメから結構学びました」とニッコリ。「ボートやモーターが抽選で決まると知ったときは驚きました。いきなり抽選で決まったものを本番で乗りこなさなければならない。運が働く中で競うというところが興味深いです」。

ご自身は「スポーツはあまり得意じゃない」という。「でも、見るのは大好き。父の影響もあってラグビーやサッカー、野球、バスケット…。テレビでも見ますが、やはり生での観戦は想いを共有できるから最高ですね」。ボートレースも「風が強い時、波が高い時、いろんな条件が変わる中での戦い。単にスピードを競うだけではなくて、その日のコンディションの中でどんなふうにボートを扱うのかを間近で見ることで、レーサーの想いを感じてみたい」。

周りにスポーツをしている人が多いので「どんなに努力しても負けることがある。勝負の世界って本当に厳しい」と感じることも。だからこそ「心をこめて応援したい! 戦う姿を目に焼き付けたい。友達を誘ってボートレース場に行くのが楽しみです」。

東海エリア 岐阜県代表 ドーキンズ英里奈

ドーキンズ英里奈DAWKINS ERINA

1992年9月29日生まれ、岐阜県岐阜市出身。ニュージーランド人の父を持つ。2009年に岐阜美少女図鑑第2号のモデルに採用されたのをきっかけに、一躍注目を浴びる。その後活動の本拠地を東京に移しテレビやラジオ、映画やCMへと活躍の場を広げている。愛称は「ドキンちゃん」。

東海エリア 岐阜県代表 ドーキンズ英里奈

岐阜県データ

  • ボートレースチケットショップ

  • 出身レーサー

    7人

※出身レーサーは、2016年10月31日時点